転職エージェントの効果的な使い方

自分がやりたい仕事を伝える面談が重要

転職では魅力的な求人情報を探し応募して面接を受ける、というのがおおよその流れです。
やることは簡単に見えますが、実際は自分だけの力でそれをするのは大変です。

今やっている仕事の休憩時間や帰宅後などに転職サイトを調べていくというだけでも大変な手間になります。
だからこそ、豊富な知識と経験を持っている転職エージェントの力を借りるべきなのです。

転職エージェントに頼るなら、できるだけ効果的な使い方をしたほうがいいです。
そこで重要になるのは、自分がやりたい仕事を伝える面談です。

面談は担当者との顔合わせという意味もありますが、重要なのは自分のスキルなどアピールできるポイントを伝えること、やりたい仕事と将来どういうキャリアを積んでいきたいのかというビジョンを示すことです。

ここで初対面の担当者に遠慮して、人当たりのいいことを言ってしまうと、かえって紹介する仕事を絞り込めなくなりますし、自分の理想とはかけ離れたものばかり出てくる可能性があります。

書類にできない部分をいかに話せるか?

それでは担当者は無駄な苦労をすることになり、時間の無駄でもあります。
ここはお互いに意識を共有するためにも、正確なことを伝えられるようにしましょう。

これまでやってきたことや保有している資格は履歴書・職務経歴書で伝えることができます。
では、書類にできない部分をいかに話せるかです。
この面談で本音を話すことは良いのか、というと、話すべきだけれども言葉の使い方に気をつけるべきです。

転職をするのは、それまでの仕事に不満を抱えていることが多いです。
例えば給料が安い、上司からのパワハラ等々口に出してしまえば怒りや憎しみといったネガティブな気持ちが伝わってくるようなことです。

それを思ったとおりに伝えてしまうと、転職エージェントとしても仕事の推薦をするときに少しは触れざるをえなくなります。
転職を希望する会社や団体の採用担当者と話すときに、そういったネガティブな話が持ち出されてしまうと、場の雰囲気は一気に暗くなり相手に良い印象を与えることは難しくなるでしょう。

必ず1社だけに絞るという義務はない

ですから、給料が安いというならば、社員の価値を正当に評価をしてくれる会社に転職をしたい、というように以前の会社に対する不満を隠しつつ希望を明確にする努力をしていきましょう。

転職エージェントの利用を考えるとき、必ず1社だけに絞るという義務はありません。
それぞれに得意な分野や紹介できる会社に違いがあるので、むしろ複数の転職エージェントを掛け持ちしたほうが転職が成功でききる確率が高まります。

ただ、多すぎても、すべての情報を管理するのが難しくなりますから担当者の対応や紹介してくれる仕事の質なども考えて、数社に絞り込んだほうが効率的です。

その際、幅広い分野の仕事を紹介してくれる転職エージェントだけでなく、特定の分野に特化しているところに登録をしておいたほうがいいです。
特化しているほうが、他では紹介できない案件を多く抱えていることがあるからです。